人生を豊にするのは人を想う心

どうも、イチタです!

広島で、Webディレクター兼カウンセラーのフリーランスをしています。

先日自分を振り返る機会があったのですが、

独立当初は「お金を稼ぎたい。結果を出したい。」

という思いが、強く出ていたことを思い出しました。

「お金」というエネルギーはとても強いので、いつの間にか、『人間関係=お金』という見方をしていたのかもしれません。

この違和感に気づいたとき、仕事を減らし、人と交流することに自分の時間を使うように転換しました。

それからは、たくさんの良い出会いに恵まれ、恩師と呼べるような方にも出会いました。

もともと営業経験があり、人付き合いが好きだった僕は、制作者(コーダー)からディレクターへと転向しました。

多くの人の支えを受けるなかで、どうすればクライアントさんと制作に関わる人が成長し、豊かになるのかを考えるようになりました。

そして、その豊かさとは「心の豊かさ」だと気づくことができました。

『もっと、関わる人と豊かになりたい。そして、過去の自分のように、結果ばかりを追求して苦しんでいる人に、他の選択肢を見せてあげたい。』

そう思うようになりました。

僕が1人でお金や結果を求めて仕事をしていた頃と、

仲間と、クライアントさんの喜ぶ制作をしている今とでは、心の豊かさが大きく違います。

もちろん、仕事も充実しています。

そして、心を豊かにしてくれるのは、目の前の人を「想うこと」だと気づくことができました。

そのためには、自分の外側ではなく、内側に目を向けることが大切だと思っています。

人との比較はランク付け

誰かの成果を見て一喜一憂してしまうなんてことがありませんか?

人と比較をするということは、

「あの人は僕より上の人だな…」

「あの人には私の方が勝ってる!」

と、無意識に他人をランク付けしてていることになると思います。

確かに、それをエネルギーに変えて、行動できる人もいるかも知れません。

しかし、そんなエネルギーが長く続くのでしょうか?

僕は続かないと思っています。

なぜなら、人をランク付けするということは、「自分をランク付けしている」ということだからです。

他人と比較して自分の順位を上げたり下げたりしているのだと感じます。

つまり、無意識のうちに自分を傷つけてしまっているのだと思っています。

だから、まずは比較することをやめて、自分自身に目を向けることが大切だと感じています。

比較から「自分らしく」へ

比較の反対はなんでしょうか?

僕は「自分らしく」だと思っています。

では、自分らしくとは何なのでしょうか?

それは、「素の自分」「ありのままの自分」でいることだと思います。

そして、「素の自分」を見つけるために必要なのは「心の違和感」に気づくことだと感じています。

人は知らず知らずのうちに、周りに合わせることを選んでしまいます。

そして、自分の違和感に蓋をしているのだと思います。

その違和感は自分からのSOSかもしれません。

気付いたら、しっかり向き合って、その違和感を深掘りしてみるのが良いと思います。

例えば、会社の飲み会で1次会が終わった時のこと。

明日は朝からアポがあるから帰ろうと思っている

上司に2次会に行こう声をかけられる

明日朝からアポがあることを伝えて帰ろうとする

引き止められ、他の同僚も加勢してくる

みんな2次会に行くし、これが普通なのかな?

2次会に参加する

翌日、身体が重くて後悔する

商談もいまいち

この例で言うと、本当は翌日のアポイントに向けてしっかり休息を取りたかったのに、周りに流されてしまい、自分の本心に蓋をしているのです。

周りから2次会への誘いを受けたとき、「本当に行くべきなのか?」と違和感を感じていたと思うのです。

なぜなら、今日の飲み会よりも、翌日のアポイントで「お客さまのために良い提案をする」ことの方が自分の中で優先度が高いからです。

ということは2次会を断るのは悪いことではなく、むしろ良いことなのです。

自分の本心(信念)に従って行動することは悪いことではありません。

そして、気づいたら手放すことをおすすめします。

『自分が苦しくない選択』

もしくは、

『自分が楽しいと思う選択』

をどんどん増やしていって欲しいと思います。

そうして、「他人」ではなく『自分』に目を向けることに意識が変わったとき、「自分らしさ」が出てくると感じています。

人生を豊かにするのは、人を想う心

「自分らしさ」とは、気持ちが暖かい状態のことだと、僕は思っています。

大切な人から「ありがとう」と言われたとき、胸のあたりがふわっと暖かくなりませんか?

その暖かい気持ちを持って仕事をすることができたら、良い仕事ができると思いませんか?

もっと家族と仲良くなれる気がしませんか?

大切な人を、大切にできる気がしませんか?

もちろん、個性は100人いたら100通りあります。

でも、自分を動かす真のエネルギーとなるのは、そんな暖かい気持ちだと僕は信じています。

そのためには、

自分の違和感に気づき、手放すこと。

そして、

自分を受け入れて、

自分を認めて、

自分を褒めてあげて下さい。

まずは、これまで頑張ってきた自分を労ってあげて下さい。

弛まない努力をしてきたはずです。

それを誰かと比べて落ち込むなんて、そんなことはしないで欲しいと思います。

自分で自分のことを認めることができたとき、

「今のままで良いんだ」と実感できたとき、

きっと心が軽くなると同時に、暖かさ広がってくると思います。

そして、それが自分のなかの最大のエネルギーになると感じています。

そして、その自分の内側から出てくる暖かさを他の人に分けてあげて下さい。

大切な人のためにエネルギーを使ってあげて下さい。

すると、もっと暖かい気持ちになると思います。

それは仕事でも同じだと感じます。

目の前の人のために、全力を尽くす。

損得ではなく、暖かい気持ちで。

それは相手にも伝わりますし、結果的に良い仕事ができ、信頼関係を作ることにも繋がってきます。

僕たちは1人で生きてはいけません。

だからこそ、周りの人を大切にする、そのためには心に余裕を作り、心の暖かさを感じることが必要だと思います。

お金を稼ぎ結果を出すことも大切です。

しかし、

『人生を豊かにするのは、人を想う心』

だと、僕は思っています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。